下町カクテル探検隊!下町であれやこれやを調べました!

横須賀にある”チューハイスタンド”に潜入せよ! 京浜急行線「汐入駅」から徒歩約1分。
路地裏にぼうっと見える薄明かりが、“チューハイスタンド”と呼ばれる『ヒデヨシ商店』だ。

我々が訪ねた時、外にまで人が溢れていて、大盛況だった。

戎「お客さんは、アメリカ海軍の軍人や関係者がほとんどだそうだ。
中はどうなっているのだろうか。さあ行くぞ、突撃だァー!」
ヒデヨシ商店(最寄駅:汐入駅)
出典:https://matomeshi.jp/articles/1781
左》うめ(半合) 340円 + 梅干し 100円
右》メロン(半合) 400円
日本人の常連さんに聞くと、10〜15年前から外国人客が増えてきたそう。店内にたくさんあるメッセージ入りの1ドル札は、任期を終え、アメリカに帰国する際に貼られたもの。トイレは女性のみ店内、男性は外の公衆トイレを使用する。出典: https://matomeshi.jp/articles/1781
店中央の大テーブルを陣取るのは、ほぼ外国人。
それでも入ってすぐのカウンターや奥には日本人もちらほら。

戎「ビールは小瓶(250円)からあるようだ。我々もほとんどの客が飲んでいる『チューハイ』を頼もう」

チューハイは15種類で320円から。
焼酎の量を半分か1杯でコールし、割り物を選択する。

市「1杯を頼むのは危険な香りがするから、まずは青リンゴを半分で!」
戎「私はレモン・1杯で!おっ、結構キツイな。ガツンとくるぞ」
市「『ねぎ天』(170円)などのつまみもありますが、50円くらいで懐かしい駄菓子があるのもいいですね」

焼酎の一升瓶がどんどん空になっていく様に思わず目を見開く。
見た目は純和風の“角打ち”だが、英語が飛び交う異国情緒溢れる空間だった
ヒデヨシ商店|横須賀にある“チューハイスタンド“に潜入せよ!(日本酒バー/汐入)
https://matomeshi.jp/articles/1781
お店で!家で!下町炭酸水を飲み比べよ! 戎「大衆酒場で、お客さんの目の前にたくさんの瓶が並んでいる光景があるだろ。
あの多くは下町で作られている炭酸水で、刺激が強め。それが“ボール”の大きな特徴とも言えるな」
市「早速、確認しに行きましょう!!」

まず訪れたのは、創業50周年を迎えた大衆酒場の『大林』(篠崎)だ。

大林(最寄駅:篠崎駅)
出典:https://matomeshi.jp/articles/1782
しめさば 378円
焼酎ハイボール(赤) 324円
戎「『焼酎ハイボール』(300円)とともに提供される炭酸は、新小岩のメーカー品『ドリンクニッポン』だぞ」
市「おぉ~!かなり炭酸が強い。その上クリアな味わいで、私は好きです」
戎「若大将に聞いたところ、以前使っていたメーカーが廃業したため、ここ4~5年で変えたそう。この強さが決め手だったようだな」

大林|創業50周年を迎えた大衆酒場(居酒屋/篠崎)
https://matomeshi.jp/articles/1782

もつ焼きの人気店『大統領支店』(上野)では、『レモンサワー』(350円)に使う「花月炭酸(レモン)」を発見。
もつ焼き 大統領 支店(最寄駅:上野駅)
大統領特製煮込み 420円
レモンサワー 350円
市「焼酎とレモン風味の炭酸のシンプルな組み合わせだけど、クセになる!」

大統領支店|もつ焼きの人気店(居酒屋/上野)
https://matomeshi.jp/articles/1783

他にも、女将さんの采配が見事な南千住の『O』で墨田区の『アズマ炭酸』を、堀切菖蒲園の名酒場『K』でも『ドリンクニッポン』を飲むことができます。

これらは、小売はほぼされていないので、飲みたい方は下町の酒場で楽しむのが一番かもしれません。

0

externallink関連リンク

下町カクテル探検隊!まだ見ぬ下町カクテルを捜せ! 大林|創業50周年を迎えた大衆酒場(居酒屋/篠崎) 大統領支店|もつ焼きの人気店(居酒屋/上野) ヒデヨシ商店|横須賀にある“チューハイスタンド“に潜入せよ!(日本酒バー/汐入) おおまさ|隊長、ガリ酢サワー発見であります!(寿司/高幡不動)
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)