市川海老蔵「麻央と同じ」勸玄くんが麗禾ちゃんの回復祈る

【市川海老蔵/モデルプレス=2月8日】歌舞伎俳優の市川海老蔵が、自身のオフィシャルブログを更新。長男の勸玄くんが、長女・麗禾ちゃんの回復を祈る姿に、昨年6月22日に乳がんのため亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)を重ねた。

小林麻耶「こんなことがあっていいのか」と念願叶う 姪と甥への恩返しが実現

◆市川海老蔵、勸玄くんの姿に「麻央と同じ」

5日付の更新で、勸玄くんと麗禾ちゃんが2人揃って風邪をひいてしまったことを明かしていた海老蔵。

「祈っています」というタイトルで更新した8日付の投稿では、「麗禾のお風邪早く治りますように、、」と一足先に風邪から復活してきている勸玄くんが、手を合わせて麗禾ちゃんの回復を祈っている姿を公開した。

生前の麻央さんも、つらい闘病中にも自分のことよりも周囲を気遣ったり、同じ病気を経験している人々へ向けてブログを通じてメッセージを送ったりと、愛に溢れた優しさを見せていた。

そのため「自分も風邪なのに、そういうところ麻央と同じだね。素敵」と亡き妻・麻央さんの姿と勸玄くんを重ねて見ているようだった。

◆市川海老蔵の妻・小林麻央さん、6月22日に死去

海老蔵と麻央さんは、2010年1月に婚約発表会見を行い、3月3日に婚姻届を提出。2011年7月25日に第1子である麗禾ちゃんを、2013年3月22日に第2子である勸玄くんを出産した。

2016年6月9日、海老蔵が行った記者会見において、麻央さん乳がんを患っていることを公表。同年9月、医師からの「癌の陰に隠れないで」という言葉を受けブログを開設し、ステージ4であることを報告した。

家族とともに病と戦い、2017年6月20日までブログも更新していたが、22日の夜、自宅にて家族が見守る中、逝去。享年34。海老蔵は23日の緊急会見にて、最期の言葉は「愛してる」だったことなどを涙を流し伝えていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る市川海老蔵、麻央さんの死を認識した子どもたちの様子明かす市川海老蔵、長男・勸玄くんが麻央さんの死を理解し初めて涙「抱きしめるしかできない」市川海老蔵、長女・麗禾ちゃんと“顔出し”2ショット「麻央さんの面影が…」と反響市川海老蔵、麻央さんにLINE送り続ける「既読にはならないけど…」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)