R・ファウラーが首位で最終日へ 3打差に13人が並ぶ大混戦

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 3日目◇3日◇TPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)>

アリゾナ州のTPCスコッツデールにて行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」3日目。全選手がこの日の競技を終え、リッキー・ファウラー(米国)がトータル14アンダーで単独首位をキープ。最高の位置で最終日を迎える。

1打差の2位タイに世界ランキング2位のジョン・ラーム(スペイン)、チェズ・リアビ 、ブライソン・デシャンボー(いずれも米国)の3人。2打差の5位タイにザンダー・シャウフェレ、フィル・ミケルソン、ダニエル・バーガー(いずれも米国)の3人。トータル11アンダーの8位タイにブレンダン・スティール(米国)ら6人と2打差に13人が並ぶ大混戦となっている。

なお、大会3連覇がかかる松山英樹は、左手親指母指球近辺の痛みのため第2ラウンドスタート前に棄権している。

0

externallink関連リンク

リーダーボードで詳細な順位をチェック 松山英樹が無念の棄権「一生ゴルフができないのではという怖さがある」 「長くゲームから離れてほしくない」ファウラーが松山英樹の復活を望む ファウラーが「ヒデキ、また、やろうな」に込めた想い【舩越園子コラム】 松山英樹も困惑? スイングの謎に迫られ「僕にも分からない」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)