一度食べればきっと病みつき 青森・八戸の味覚「たず鍋」

青森県の冬の食卓に欠かせないものといえタラは青森を代表する魚として有名です。青森はタラを使った様々な料理がありますが、青森のタラ料理といえばやはり「じゃっぱ汁」。冬の寒い時期にはたまらないものです。

しかし、青森にはもうひとつ、タラを使った美味しい料理があります。それが「たず鍋」。たず鍋は青森の中でも南の地方、八戸で食べられる料理。タラの「たず」、つまり白子をぜいたくに使った鍋のことです。醤油仕立ての出汁の中に、タラの切り身と白子をたっぷりと入れて味わう鍋は、まさに青森の冬が誇る味覚です。このときに注意したいのは、白子に火を入れすぎないこと。白子は火を入れすぎると固く締まって味も抜けてしまうので、レアに仕上げるのがおすすめです。白子が醤油味の出汁を吸ってふっくら膨らんだあたりが食べごろ。クリーミーな白子の味は、一度食べればきっと病みつきになるはず。

ちなみに、じゃっぱ汁とたず鍋の違いですが、まずじゃっぱ汁は青森の北部、津軽地方で食べられる料理であるということ。また、じゃっぱ汁の「じゃっぱ」は「大雑把」の「雑把」が語源と言われ、出汁にはタラをさばいたときの頭や骨などのアラが使われることも特徴。味も醤油よりも塩味や味噌味になることが一般的です。

タラは青森を代表する魚ですが、地域によって味も食べ方も異なります。最近ではタラの漁獲量も減り、なかなか手に入れるのも難しくなっているようですが、未来にもこの青森の味を伝えていきたいものです。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)