三代目JSB今市隆二「臣(登坂広臣)に頼っている部分も…」グループとソロの違いは?

【今市隆二/モデルプレス=1月19日】三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二とタレントのベッキーがMCをつとめる音楽番組「LOVE or NOT♪」(dTV、FOD)の第19回が18日深夜1時より配信される。

【このほかの画像】今市隆二のソロショットあり

同番組は、山下健二郎初主演ドラマ「Love or Not」のプロジェクト第2弾としてスタート。アーティストの新たな一面を掘り起こし、新たな音楽の楽しみ方を提供する。

今回は、今市ソロ・プロジェクト第一弾シングル「ONE DAY」MUSIC VIDEOメイキング公開スペシャル。「ONE DAY」のMUSIC VIDEOとそのメイキング映像を今市とベッキーで見ながらトークする。

◆今市隆二、グループとソロの違いは?

楽曲について今市は、「『ONE DAY』は一日という意味なんですけど、大切な人とか、愛している人がいたとして、その人と次の日別れてしまうとか永遠にバイバイしてしまうという状況の中で、最後の一日を表現したくて。その一日って自分の心情も変わるだろうし、景色も変わるだろうし、究極な状況でどう思うかを情熱的に表現した曲です」と説明。

ベッキーから「例えば表現の仕方とかも三代目の時とは違うんですか?」と質問を受けると、「そうですね、歌に関してはツインボーカルからソロになるので、全部自分で聞かせなきゃいけない見せなきゃいけない。臣(登坂広臣)に頼っている部分もあったりするので、それが今回ソロでやるので細かく丁寧にやりましたね」と振り返った。

また、「一人だと寂しくないですか?」という問いには、「めちゃめちゃ寂しいですよね。MUSIC VIDEO撮ったときも、こんなに大変なんだと思いましたし、7人だったのが1人ですから」と本音を明かしつつも、「寂しいけど楽しかったです。やりがいがすごいありました」「改めて色んな人に支えられて活動出来てるなとソロのMusic Videoを撮って感じました」と充実感を覗かせた。

◆「ロスで筋トレ」裏話明かす

このほか、人生初のMUSIC VIDEO撮影について回顧する場面も。

さらに、「ロスで筋トレばっかりやってましたね」という今市が、撮影裏話を明かす。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る三代目JSB今市隆二、初めて明かされる素顔&肉体美も披露三代目JSB今市隆二、登坂広臣とのデビュー当時の思い出語る「誰も気づいていなかったので…」三代目JSB今市隆二が“オーディションで歌った”「HOME」 清水翔太本人はどう見てた?加藤ミリヤ、好きな三代目JSB楽曲は?今市隆二「是非歌ってほしい」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)