ジダン監督の長男エンツォ、アラベスと契約解除…ローザンヌ移籍が決定

 アラベスは30日、元フランスU-19代表MFエンツォ・ジダンとの契約を双方合意のもとで解除したと発表した。併せて、スイス1部ローザンヌに加入することも発表された。

 エンツォはレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督の長男で現在22歳。今夏、2004年から過ごしたレアル・マドリードを離れてアラベスに加入していたが、出場機会を確保できず。リーガ・エスパニョーラ第2、3節に出場した以外は大半の試合で招集外となっていた。

 アラベスは公式サイトで「クラブは選手の多大な献身と努力に感謝します。これからの幸運を祈っています」とメッセージを送った。

 ローザンヌはリーグ戦19試合終了時点で、10チーム中5位につけている。


externallink関連リンク

●ジダン長男エンツォ、新天地アラベスで苦戦…招集外が続く理由は?●「監督、それに父として嬉しい」 ジダンが息子のデビュー&ゴールに喜び●ジダンの血を受け継いだ息子の“現在地”…レアルに所属する四兄弟の才能とは?●R・カルロス氏、レアル加入内定の17歳を称賛「クラブのアイドルになる」●レアル、“エル・クラシコ”の敗因は? スペイン紙が5つの理由を列挙
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)