トッテナムがストークに5発快勝…2得点のケインは得点ランクトップタイに

 プレミアリーグ第16節が9日に行われ、トッテナムがホームにストークを迎えた。

 試合は21分に動く。左サイドでボールを受けたソン・フンミンがドリブルで縦に突破しクロスを上げる。ストークのクル・ズマに当たって軌道が変化したボールはストークDFライアン・ショウクロスに当たってそのままゴールへ。トッテナムが先手を取った。

 トッテナムの1点リードで折り返した後半、再び試合が動く。53分、デレ・アリのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがGKとの1対1を落ち着いて流し込む。トッテナムが追加点を奪った。

 続く54分、ベン・デイヴィスが左サイドからクロスを供給すると中で待っていたのはハリー・ケイン。打点の高いヘディングシュートを突き刺し、リードを3点に広げた。

 止まらないトッテナムは65分、右サイドでボールを持ったクリスティアン・エリクセンがアーリークロスを上げる。1度はDFにクリアされるも、こぼれ球を拾ったケインが左足を振りぬきゴール。ケインはこのゴールで今季のプレミアリーグの得点数を「12」とし、得点ランキングトップタイに躍り出た。

 74分にはトッテナムがダメ押し点を奪う。カウンターからソン・フンミンがボールを持ち運びスルーパスを送る。このパスに抜け出したエリクセンが左足で落ち着いてシュートを沈め、リードは5点に広がった。

 80分、ストークはコーナーキックをショウクロスが頭で合わせ1点を返すが反撃もここまで。トッテナムが5-1でストークに快勝した。トッテナムはリーグ戦5試合ぶりの勝利を掴み、暫定5位に浮上した。


externallink関連リンク

●チェルシー、モイーズ体制のウェストハムに初勝利を献上…8試合ぶりの黒星●パチューカが延長後半の劇的弾でクラブW杯の初戦を制す!本田は120分フル出場●香川がアシストもドルトムントは泥沼8戦未勝利…伊藤先発のHSVはスコアレス/ブンデス第15節●レアル、難敵セビージャに前半だけで5ゴール…C・ロナウドが2発●ユヴェントスが猛攻も…イタリア・ダービーはスコアレスドロー、長友は出番なし
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)