甲府DF阿部翔平に第二子となる次女が誕生「献身的に取り組んでいきたい」

 ヴァンフォーレ甲府はDF阿部翔平に第二子となる次女が誕生したことを発表した。8日付でクラブの公式サイトが伝えている。

 阿部は1983年生まれの現在34歳。名古屋グランパス在籍時の13年9月に入籍を発表。15年には第一子となる長女が誕生している。そして今回、7日に第二子となる次女が誕生。同選手は以下のようにコメントを発表した。

「12月7日に3034gの女の子が無事生まれました。ここまでお腹の中でしっかりと育て、懸命に出産してくれた奥さんに本当に感謝しています。自分自身もサッカー、そして家族に対し、献身的に取り組んでいきたいと思っています」

0

externallink関連リンク

●神戸FW渡邉千真に第一子となる長女が誕生「子供と一緒に成長していきたい」●広島、城福浩氏が新指揮官に就任「結果にこだわる、サッカーを楽しむ」●甲府、加入15年の37歳DF津田琢磨が退団「感謝の気持ちでいっぱい」●J2降格の甲府、4選手と契約満了…計12年所属の保坂一成、若杉好輝ら●千葉がGK佐藤優也と契約更新「J1昇格できるよう精進していきます」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)