メッシが“パパの顔”「2人の息子の性格は正反対」…子育てエピソード明かす

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、アルゼンチンのテレビ局『TyC Sports』で自身の2人の息子について語った。その内容をスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 メッシは今年6月、長年のパートナーであったアントネラさんと、二人の故郷であるアルゼンチンのロサリオで結婚式を挙げた。二人の間には2012年11月に誕生した長男チアゴくん、そして2015年9月に誕生した次男マテオくんの2人の男の子がおり、さらに現在は夫人が第3子を授かったことが明らかになっている。

 メッシは2人の“愛息”について、貴重なプライベートのエピソードを披露し、ピッチ上とは異なる“パパの顔”を見せた。

 長男のチアゴくんについては「車やバイクなど、乗り物が大好きなんだ」と説明。「もちろんサッカーも好きだけど」と続けたが「プレーの途中で、すぐに疲れてしまうみたいだよ」と語り、笑顔を見せた。

 一方でチームメイトのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの息子、ベンジャミンくんについても触れ「彼はサッカーをするのも大好きだし、見るのも大好き。沢山の選手の名前も知っている」と称賛。「でもチアゴはまだまだそのレベルまでいっていないな、車の方が好きみたいだね」と冗談を織り交ぜながら比較した。

 メッシいわく、次男のマテオくんのほうがサッカーの才能があると感じているようで「シュートも上手い」とのこと。利き足は右で「バランスがいい」ようだが、「まだ小さいからね」と、これからの成長を温かく見守りたい考えを示した。

 また、チアゴくんとマテオくんの性格について聞かれると「まるで違う」と分析。「チアゴは落ち着いていて、“お利口さん”タイプ。でもマテオは…恐ろしいよ(笑)。正反対だ。2人の兄弟の性格がこれほど違うってことを見るのが面白いよ」と子育てを楽しんでいることを明かした。

 3人目の子供の性別は現時点ではまだ分かっていないが、果たして“男3兄弟”となるのか、長女が誕生するのか。温かい家族のサポートを受けるメッシの、さらなる活躍に期待が高まる。


externallink関連リンク

●“6戦連発”のC・ロナウド、CLグループステージ通算60ゴール達成…メッシに並ぶ●母国にある「メッシ像」がまたも被害に…両足首が切断される●メッシの実兄が拳銃の不法所持で逮捕…実刑判決が下される可能性も●30歳になったメッシ、UEFAが選ぶ「30の事実」がすごい●バルサの選手たち、移動中にやっているのは日本発祥の“あのゲーム”
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)