【MLB】59発スタントンは「脇役」!? ジャイアンツは「大谷をより欲している」

■ジャイアンツは大谷獲得が最優先、米メディアが伝える

 今オフの移籍市場で積極的な動きを見せているジャイアンツにとって日本ハムの大谷翔平投手の獲得が最優先事項との見方を米メディアが伝えている。米紙「シカゴ・トリビューン」電子版が伝えている。

 今オフのメジャー移籍を目指してポスティングを利用している二刀流右腕は、7球団に候補を絞っている段階で全ての球団との面談を終えたことが米メディアでも伝えられた。

 そんな中、「シカゴ・トリビューン」は「ジャイアンツはジャンカルロ・スタントンよりもショウヘイ・オオタニを優先」との見出しで記事を掲載。2010年以降3度のワールドシリーズ制覇をなし遂げている強豪は、今季本塁打王(59本塁打)、打点王(132打点)、MVPに輝いたマーリンズ主砲ジャンカルロ・スタントン外野手の獲得にも動いているが、同紙はメジャーを代表するスラッガーよりも二刀流右腕の獲得の優先度の方が高いとの見方を伝えている。

 記事では「この28歳のスラッガーは明らかに、最も待望される海外フリーエージェント選手の脇役になっている」と指摘。記事の中で米ラジオのスポーツ番組「95.7 The Game」の司会を務めるデーモン・ブルース氏も「彼らはスタントンよりもオオタニを欲している。スタントンに払わなければならない額を考えれば、容易に理解できるだろう」とコメントしている。

■ジャイアンツGMが面談の様子を明かす、「彼は非常に謙虚で思いやりがある」

 一方、ジャイアンツのボビー・エバンスGMは地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」で、大谷との面談の様子を明かしており、「素晴らしく、楽しいやりとりを交わした」と好感触を得た様子。「彼は非常に思いやりがある。このプロセスを非常に真剣に行っており、とても若い年齢で大きな決断をしようとしている」とも語っている。

 また、大谷は面談に同席した名捕手バスター・ポージーにも感銘を受けたようで、同GMは「オオタニはテレビで彼(ポージー)のプレーを見たことがあるんだ。ワールドシリーズでのプレーも。そして彼と会うチャンスを得た。彼は非常に謙虚で思いやりがある」と語っている。

 大谷が18歳の時にすでに視察していたというエバンスGMは記事の中で「選手として成長を遂げた。偉大な存在感を持った素晴らしい青年となった」と語っており、その才能に心酔している様子。果たしてそのラブコールは実るのか。大谷の決断が注目される。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

カージナルス入りマイコラス、大谷を絶賛「凄まじい」「打撃練習も印象的」「拝啓 大谷様」パイレーツ25歳右腕がラブコール、大谷に勧誘ツイッターバリバリのメジャー右腕が大谷の打撃に驚愕 MLBでも「トップ中のトップ」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)