川栄李奈の徹底した“闇”に子ども泣く<KUBO/クボ 二本の弦の秘密>

【川栄李奈/モデルプレス=11月21日】女優の川栄李奈が21日、都内で行われた映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公開記念舞台挨拶に、ピエール瀧ととも出席した。

【さらに写真を見る】川栄李奈、漆黒ドレスが色っぽい

◆川栄李奈、“闇の姉妹”に 声優ぶりを絶賛される

本作で、主人公クボを執拗に襲う敵“闇の姉妹”役を演じた川栄は、「話をいただいた時はすごくうれしかったです」とオファー時を振り返ると、「声優をやらせてもらう機会がそんなになかったので、ひたすら練習しました」と告白。

また、「闇の姉妹は(オリジナル版では)ルーニー・マーラさんがやられていてすごく素敵でゾッとしたので、それに近いものにしようと頑張った」と話し、劇中の“高笑い”の出来を褒められると「常に生きていて笑うことが多いので、笑いは得意だったかもしれないです」とはにかんだ。

その川栄の声優ぶりについて、ピエールは「最初は年齢設定もよくわからないから、闇の姉妹役が川栄さん?って感じでしたが、仕上がったものを見るとバッチリでこえーなって思いました。これを観た子供が怖いって泣いたらしいですから大成功ですよね」と絶賛していた。

◆今後の目標は?

声優としての高評価を得た川栄は、来年は主演映画『恋のしずく』の公開を控えており、女優としての活躍目覚ましい。今後の目標を尋ねられると、「いろんな作品にいろんな役で出ていたい」と話し、「本当にホラーが好きなのでお化け役とかやりたい」と回答。

そんな川栄にピエールは「人をたぶらかすのが癖になってきたんじゃない?」とからかい、会場の笑いを誘っていた。

◆映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」

数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが今回テーマに挑んだのは、古き日本の世界。情感あふれる日本の風景や風習を、息を飲む美しさで描いた本作は、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、“アニメ映画界のアカデミー賞”と称されるアニー賞でも3冠受賞など、全世界の映画賞を総なめした話題作。三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操る少年・クボが両親の仇である闇の魔力と戦うさまが描かれる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る川栄李奈の制服×ポニーテールに絶賛の声「この可愛さは反則」「惚れちゃう」川栄李奈”酔っ払い”ショットに「可愛すぎ」「色っぽい」の声川栄李奈、理系女子に 地方ロケに意気込み<恋のしずく>元AKB48木崎ゆりあ、川栄李奈との“すっぴん”プリクラ公開 卒業の渡辺麻友へメッセージも
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)