柴咲コウ、主演大河「直虎」撮影裏明かす “最愛のパートナー”とは?

【柴咲コウ/モデルプレス=11月15日】女優の柴咲コウが15日、“今、最も輝いている女性”を表彰する「HUBLOT LOVES WOMEN AWARD 2017」を受賞し、都内にて表彰式に出席した。

【さらに写真を見る】柴咲コウ、ほっそり二の腕あらわなロングドレス姿が美しい

◆“今、最も輝いている女性”、今年は柴咲コウが受賞

昨年設立された同アワード。女優の米倉涼子に続いて、今年は柴咲が受賞した。

ステージに上がった柴咲は「来年で芸能活動20周年になるのですがその間に、たくさんの方々と出会い、色々な学びを経験させて頂いたなと思います。そういった色々な人々に刺激を与えてもらって、したいことだったり、自分のやるべきことをどんどん見つけてきたと思います」と振り返った。

◆「おんな城主 直虎」撮影の1年を振り返る

また、放送中の2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて主人公を演じている柴咲。撮影は10月にクランクアップを迎えたが、「1年以上、大河ドラマで撮影をしたということはすごく大きな経験でもあり、糧になったなと思います」としみじみ。

撮影を振り返り、「1年以上、撮影を毎日やっているとかなり疲弊してクタクタになるのかなと思っていましたし、周りからも、結構大変だよと言われていたのですが、スタッフの方もものすごく元気ですし、出演者の方も本当に裏表なく、すごく近づいて接してくださって。皆さんで、ご飯に行くこともできましたし。エネルギーの交換というものを感じながらできましたので、終わったときに『私、元気だな』と思いました。元気を頂いたような撮影の日々でした」と語った。

◆柴咲コウの“最愛のパートナー”とは?

トークでは、「パートナー」が話題にあがる一幕も。柴咲は「新しいことに挑戦すると必ず必要なのがビジネスパートナーだったりすると思います。芸能界の中で20年近くやってきて、支える人がいないと成り立たなくて」とこれまでの経験から感じたことを踏まえてコメント。

関わるスタッフの全員をパートナーだと思っていることを説明し、さらに「家に帰ればネコという最愛のパートナーがいますので、彼女にすごく救われているところはあります」と声を弾ませた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る柴咲コウ&赤西仁が意味深“会議” 2ショットに期待高まる柴咲コウ「やり遂げられるか不安でした」主演大河がクランクアップ<おんな城主 直虎>柴咲コウ、ムロツヨシの秀逸な“いたずら”にお手上げ「油断ならない」柴咲コウ、短冊に込めた願いは?「自分で作り出せたら本当に素晴らしい」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)