内山理名、亡き父への思い語る<マチ工場のオンナ>

【内山理名/モデルプレス=11月15日】女優の内山理名が15日、都内で行われたNHKドラマ『マチ工場のオンナ』(毎週金曜よる10時~/11月24日放送開始)の記者会見に、共演の永井大、柳沢慎吾、竹中直人、舘ひろしとともに出席した。

【さらに写真を見る】内山理名、鮮やかピンクドレスから覗く二の腕が美しい

◆内山理名主演「マチ工場のオンナ」

諏訪貴子による著書『町工場の娘』を実写化した本作は、専業主婦の有元光(内山)が、父である須藤泰造(舘)が残した町工場の社長として奮闘する姿を描くドラマ。

主演の内山は「私はできるだけ毎日明るくいようと思って、撮影に臨んでおります。毎日戦いのような撮影なんですけれども、本当にやりがいを感じていまして、キャストの方々も1人1人素晴らしく、支えていただいています」と笑顔を見せた。

◆内山理名、亡き父への思い明かす

父親と親しくない設定の“光”との共通点に話が及ぶと、「実は私も、父親のことを小さい頃はそんなに好きではなかったんですよね。でも実は父親と似ているところはたくさんあって、だからこそ好きではなかった」と告白。

父親が亡くなったあとに大好きになっていったことも役柄と共通していると言い、「この物語と重なって辛かったんですけど、もっと早くに(父親に)『ありがとう』とか、言っておけば良かったかなと思いました。なのでこの物語を、大切に大切に。亡くなっているけど、お父さんのことを(宙を指しながら)ここに必ずいるよって思いながら演じています」と感慨深げに話した。

◆永井大、息子誕生から初の父親役

一方、光を支える優しい夫・大を演じた永井は、「役名からしてすごく縁があるなと、最初に台本を読ませていただいて感じました」とにっこり。

「自分自身も5月に息子が誕生しまして、息子が生まれてから初の父親役ということで、自分にとってもすごく思い出深い作品になりました」と喜びを表した。

そして「子育てに奮闘する光を見守りながら、協力し合いながら、そして仕事をしていく光を後押ししながらという中で、リアルに夫婦の仲の葛藤だったりとか、言い合いだとか、そういう喧嘩のシーンも結構あったりするんですけど、その辺もすごくリアルな感じでできているんじゃないかなと思います」と内山との共演に自信をのぞかせていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る内山理名、NHKドラマ初主演でサバイバルに挑む!?<本人コメント>内山理名、ミニスカ美脚!“超毒舌の元アイドル”に 山崎育三郎主演ドラマ「あいの結婚相談所」出演美女たちの健康と美しさをキープする秘訣「お肌のトラブルも減った」戸田恵梨香&内山理名が武器を手に “勇ましい”姿解禁
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)