「2016ミス日本」松野未佳「彼氏ができたことがない」悩み吐露 明石家さんまが下ネタ発言?

【松野未佳/モデルプレス=11月7日】松野頼久元官房副長官の娘で「第48回ミス日本コンテスト2016」グランプリの松野未佳が、7日放送の日本テレビ系トークバラエティー番組「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜19:56~)にゲスト出演する。

「2016ミス日本」20歳の女子大生がグランプリ 驚きと涙の栄冠

今回は「上品お嬢様VSズケズケ関西女」をテーマにトークを展開。関西人の感覚が理解できないお嬢様たちと、お高くとまっているお嬢様が許せない関西女たちの舌戦が繰り広げられる。

◆松野未佳、尼神インター誠子に同調し“炎上”

オープニングトークでは、“ズケズケ関西女”が陣取るくわばたりえ(クワバタオハラ)、尼神インター誠子、尼神インター渚のトライアングルゾーンに明石家さんまが「なにわ色が濃すぎる」とうんざり。ひときわ異彩を放つロシア人タレント・アレクサンドラもその美貌に似つかわしくないコテコテの関西弁で「なんでやねん」を連発し、さんまをガッカリさせてしまう。

最初のトークテーマ「ちょっと鼻につく女の言動」では、関西女たちから次から次へと不満が噴出。元NHKアナウンサーの住吉美紀は見た目によらず、電車の中で足を蹴ってきたオバサンと真っ向から口ゲンカしたエピソードを披露し周囲を驚かせる。「一言多い女」の話で誠子が彼氏を作るために5kgやせたことを明かすと、さんまは「恋したいのか」とニヤニヤ。ほんこん似で知られる誠子だが、友近から「徳永ゆうき君に似てる」と言われると、その系統が宮沢りえにも通じていると判明し、誠子に希望の光が。しかしくわばたが「どうしたら(誠子を)好きになります?」とさんまに聞いたところ、その答えにくわばたが激怒。誠子の魅力をめぐる喧々囂々の騒ぎに誠子自身が「もう辛いからやめて!」と止めに入る。

そんな誠子に松野が「ミス日本コンテスト」グランプリにもかかわらず「わかる」と同調し炎上する展開に。また、美貌に加えてFカップだという松野だが男性の前ではかわいい言動ができず、いまだに彼氏ができたことがないと悩みを打ち明ける。なんとかフォローしようとするさんまだったが、松野の顔を「〇〇みたいな顔」とまさかの下ネタ。美女のまさかの赤っ恥に女芸人軍団は大喜びする。また、アンミカは「わかるわかる」を連発する女の薄っぺらさに辟易。我妻三輪子は夫との家でのラブラブすぎる会話を明かすと、さんまが「60年間そんな会話したことない!」と夫婦の幸せについて思い悩む場面も。

◆“8LLDDKK”斉藤アリスのお嬢様すぎるエピソード

さらに「理解できない関西女の言動」というテーマでは、8LLDDKKに住むお嬢様・斉藤アリスの母親が繰り広げる規格外の趣味にさんまも唖然。時価の寿司屋に関西人と行ったという話では、その寿司屋で1貫5000円の寿司を食べていたことが判明し、関西女たちの空いた口が塞がらない。さらに回転寿司の話になると、アリスは「2貫100円」という寿司の値段にビックリ。「ほんとに魚ですか?」と言い出し、関西女たちをイラッとさせる。

これに対して2010年に「ミス・ユニバース・ジャパン」3位となった福田萌子が、1000坪の本邸と全国に10もある別邸を家族で自由に飛び回る生活を明かしたことから、アリスVS萌子のお嬢様バトルが勃発。お嬢様同士の小競り合いも必見だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

2+

externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る「2016ミス日本」20歳の女子大生がグランプリ 驚きと涙の栄冠
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)