ラインで「席譲って」「譲ります」をやり取り 東京メトロで実験へ

 大日本印刷と東京メトロ、LINEが、銀座線の車内で、席を譲ってほしい妊婦と、席を譲りたい乗客を結び付ける実証実験を行います。

銀座線の指定列車で実験

 大日本印刷と東京メトロ、LINEは2017年11月6日(月)、銀座線の車内で、席を譲ってほしい妊婦と席を譲りたい乗客をマッチングさせる実証実験を12月に行うと発表しました。 身体的、精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人を結び付け、具体的な行動を後押しする「&HAND(アンドハンド)」構想の一環。今回の実験では、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用し、スマートフォンを見ていて妊婦の存在に気付かない乗客に対してメッセージを送信し、立っているのがつらい妊婦と、席を譲りたい乗客をマッチングさせます。

 実施日は12月11日(月)から15日(金)まで。場所は銀座線の指定列車(1日8本)の最後尾車両です。 実験に賛同する乗客は、あらかじめ「&HAND」のLINEアカウント(11月下旬以降開設予定)を「友だち登録」し、「サポーター」になっておきます。実験車両に乗車した際、妊婦が「座りたい」というメッセージを「&HAND」のLINEアカウント宛てに送ると、周囲のサポーターにそのメッセージが届き、サポーターが同様に「&HAND」のLINEアカウントへ自分の場所などを返信すると、席を譲ることができます。 実験車両には、腕章を付けたスタッフが乗車。乗客の行動変容や今後のサービス開発に向けた課題などを調査します。

0

externallink関連リンク

その標高は100m以上 「高い地下鉄駅」、日本一はどこ? 消える「東京メトロ唯一の座席」 南北線開業から四半世紀、初期車両リニューアルで 地下鉄ブルーライン延伸なるか さらなる計画も
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)