新燃岳、連続噴火は停止か=警戒レベル維持-気象庁など

 気象庁は13日、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳で11日から続いていた噴火が、13日午後4時ごろ止まったもようだと発表した。同庁は再び噴火する可能性もあるとして、噴火警戒レベル3(入山規制)を継続。火口から約2キロ以内では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。
 同庁によると、噴煙は13日午後3時までに火口の縁から最高900メートルに達したが、上空からの観測では火山灰を含まない白色だった。火山性微動も振幅が小さくなり、山体の膨張も緩やかになったという。火山灰は14日にかけて、東から北東の宮崎側に降ると予想される。
 一方、防災科学技術研究所などは11、12の両日、現地調査を実施。火山灰の細かさや噴煙の様子などから、今回の噴火は、地下の水がマグマに間接的に熱せられて噴出する「水蒸気噴火」の可能性が高いことが分かった。 
〔写真説明〕12日午前、上空から撮影した新燃岳(防災科学技術研究所、産業技術総合研究所提供)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)