東方神起、再始動後TV初パフォーマンスを披露 EXILE TAKAHIROはソロで初登場<ミュージックステーション リハ風景>

【ミュージックステーション/モデルプレス=10月13日】13日に放送されるテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション 2時間SP」(よる8時~)では、東方神起、EXILE TAKAHIRO、嵐、Sexy Zone、乃木坂46らが出演。放送直前、リハーサルの模様や裏側の様子が公開された。

“2人そろった”東方神起、活動再開後初の雑誌登場 2年半ぶり「anan」表紙

先月約2年半ぶりの再始動を宣言したばかりの東方神起が、今夜再始動後初のテレビパフォーマンスをMステで披露する。また、2011年の再始動で初歌唱した「Why?[Keep Your Head Down]」をMステで約6年半ぶりに披露。

そんな東方神起の、生放送直前のスタンバイショットを激写。普段の迫力あるかっこいいステージではなかなか見せない、オフモードな表情に“ギャップ萌え”。待望の再始動のステージは見逃せない。

◆EXILE TAKAHIROがソロで初登場

そして、EXILE TAKAHIROが約2年半ぶりにソロ活動を再開。その最初のシングル曲となる「Eternal Love」をMステでテレビ初披露。

今作は美しいメロディと自身作詞の心に響く純粋な想いが込められた歌詞が合わさった珠玉のラブバラードとなっており、CMソングにも決定するなどすでに話題を集めている。そんなEXILE TAKAHIROのリハーサルの様子を入手。ソロとしてはMステ初出演となるパフォーマンスは必見だ。

◆嵐、Sexy Zoneらもパフォーマンス

嵐は、最新アルバムからグループ史上初の「組曲」を含む、「Song for you」と「「未完」」の2曲をパフォーマンス。Sexy Zoneは、メンバーの菊池風麿が主演を務めるドラマ主題歌「ぎゅっと」を披露。菊池が作詞に参加した歌詞にも注目だ。

さらに西野カナは普遍的な愛がテーマの最新曲「手をつなぐ理由」をテレビ初披露。乃木坂46は、映画『あさひなぐ』の主題歌「いつかできるから今日できる」をMステ限定の袴姿でパフォーマンスする。

◆21世紀J-POPヒストリー貴重映像公開

時代を象徴する数々のヒット曲が誕生してきた「21世紀」。そんな21世紀で最も売れているアーティストは誰なのか?シングルとアルバムの総売上を集計しアーティストランキングを算出。2001年から時代を追って、1番CDが売れているアーティストを発表。ランキング常連の浜崎あゆみやMr.Childrenに対し、近年メガヒットを飛ばし続ける嵐やAKB48の追い上げはあるのか。

さらに、先月引退を発表した安室奈美恵の秘蔵映像、SMAPがMステ最後の出演となった貴重映像も公開する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る“2人そろった”東方神起、活動再開後初の雑誌登場 2年半ぶり「anan」表紙東方神起「Mステ」出演決定 再始動後初のテレビ歌唱「チャンミンはちょっと大人っぽくなった」「ユンホはさらに頼もしくなった」“東方神起の魅力は、温かさである”改めて示した再始動会見<一問一答>東方神起、会見で再始動宣言 全国5大ドームツアー&新作リリースを発表<東方神起 ASIA PRESS TOUR>
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)