国内外600点が一堂に=大人も楽しめる絵本展-東京都立川市

世代を超えて絵本の魅力を伝える「絵本とわたしの物語展」が東京都立川市の国営昭和記念公園花みどり文化センターで開かれた。国内外の絵本約600点が展示され、来場者は大人も楽しめる絵本の世界を楽しんだ。
同絵本展は全国で180以上の会場を巡回。立川では地元の「絵本とわたしの物語展」実行委員会が主催し、9月27日から10月3日まで開催された。
展示された絵本600点は、誰もが知る戦後のミリオンセラーから、ギネス世界記録に認定された世界最小の印刷本など希少本まで、バラエティーに富む250種類が集められた。会場では「あなたの知らない絵本」と題して、誰もが知る「3匹の子ぶた」と「赤ずきん」のパロディーを紹介。
「よみがえるわたしの物語」をキャッチコピーに、絵本を読んだ子ども時代をその時々の流行歌のレコードや雑誌、おもちゃの展示と共に振り返るコーナーが設けられた。体験ブースも設置され、「不思議の国のアリス」などの童話の世界を描いた撮影パネルを前で、多くの親子連れが記念撮影に興じていた。【もぎたて便】
〔写真説明〕国内外の600点をずらり展示=9月27日、東京都立川市


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)