引退後即指導者へ、ロッテ井口新監督就任…各球団発表、10月12日の人事は?

■9月24日に日米21年に及ぶキャリアに幕

 2017年ペナントレースは全日程を終了。いよいよ14日からクライマックスシリーズが幕を開ける。各チームで、監督コーチの人事、戦力の見直しが進む中、12日はロッテが新監督就任を発表した。

 今月の秋季キャンプから指揮を揮うのは、今季限りで現役生活に終止符を打った井口資仁氏。青山学院大から1996年ドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)入りした井口氏は、王貞治監督の下で遊撃手として2度の日本一に貢献。2005年からは舞台をメジャーへ移し、正二塁手となったホワイトソックスで即ワールドシリーズ優勝を経験した。2009年にロッテ入りし、日本球界へ復帰。翌10年の日本一に貢献した他、人望あるベテラン選手として後輩たちから慕われた。

 日本人メジャー経験者で2軍監督や1軍コーチとして活躍する人材は多いが、1軍監督就任は井口氏が初となる。

 10月12日に発表された人事は以下の通り。

■パ・リーグ

【ロッテ】
井口資仁 監督就任(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

ロッテが井口資仁と監督就任で基本合意「新たな挑戦に今はとてもワクワク」第1次戦力外通告期間がスタート 昨年通告された選手たちはどうなった?44歳元燕ドラ1右腕の今 カラオケ店勤務経て辿り着いた第2の人生とは
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)