6月の企業物価、2.9%上昇=円安、補助金縮小で最高更新―日銀

 日銀が10日発表した6月の国内企業物価指数(速報値、2020年平均=100)は122.7と、前年同月比2.9%上昇した。プラスは40カ月連続で、指数は7カ月連続で過去最高となった。円安を背景に原材料や資源価格が上昇していることに加え、電気・ガス料金の補助金縮小が押し上げ要因となった。
 企業物価指数は、企業間で取引されるモノの価格を示す。調査対象515品目のうち、389品目が上昇、110品目が下落した。
 分野別では、非鉄金属が銅やアルミニウム市況の上昇で19.4%、飲食料品が原材料や包装資材、燃料などのコスト転嫁に伴い2.8%、石油・石炭製品が原油高などで4.5%それぞれ上がった。電気・都市ガス・水道は前月の7.2%下落から、0.1%上昇に転じた。 

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)