ハム大谷、“尻餅”つかせたスライダーが米に衝撃「卑劣」「17歳未満閲覧禁止」

■163キロをマークし今季初勝利も…「全くもってアンフェアなスライダー」が話題に

 日本ハムの大谷翔平投手が、12日の本拠地・楽天戦で5回2/3を1安打無失点4奪三振3四球と好投し、今季初勝利を挙げた。9月28日の西武戦以来、実に349日ぶりの白星。メジャーリーグのスカウト16球団32人が視察に訪れ、米国でも注目が集まったこの日の投球を米メディアも続々と取り上げた。2回には今季最速の163キロをマークしたが、米メディアは5回に投じられた「卑劣なスライダー」を大きく取り上げている。

 大谷はこの試合、2回1死一、二塁で迎えた茂木への3球目の外角への直球で今季最速163キロをマーク。160キロ以上を6球計測したが、米メディアが衝撃を受けたのは、5回2死で島内に対して投じたスライダーだったようだ。カウント2-2からファウルで粘られると、8球目のスライダーは鋭く曲がって内角へ。バットは空を切り、あまりの変化に島内は空振り後に尻餅をついた。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「全くもってアンフェアなスライダーを放つ大谷を見よ」と特集記事を掲載。この場面の動画を紹介している。さらに、「火曜の試合ではそれだけでなく、彼は自身のNPB最速記録にあと1キロ(実際は2キロ)に迫る球を投げた」と163キロを投じたことについても言及。「速球とえげつない変化球が出たことで、この試合で唯一欠けていた“大谷三冠”はホームランだった」と二刀流右腕の活躍ぶりを伝えた。

■「なぜ多くの評者に世界最高の野球選手リストの上位とみなされるかを語っている」

 また、「CBSスポーツ」(電子版)もこのスライダーに注目。「MLB球団に待ち望まれるショウヘイ・オオタニ、その理由となりうる卑劣なスライダーがこれだ」と動画を紹介した。

 記事では「これまで見た中で最もえげつないスライダーの一つを投げた」と言及。その上で「その全てが、なぜMLBに心底待ち望まれているのか、そしてなぜ多くの評者に世界最高の野球選手リストの上位とみなされるかを語っている」と絶賛し、動画には「17歳未満閲覧禁止のスライダー」との一言も添えられている。

 本人は「まだピッチングというにはほど遠いかなという内容」と振り返ったが、米メディアの反応を見ると、衝撃を与えるには十分だった様子。投手・大谷の凄さを改めて見せつけた形となった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

バリバリのメジャー右腕が大谷の打撃に驚愕 MLBでも「トップ中のトップ」「日本で大谷以外に期待できる選手」…米メディアが挙げた5人の名前とは?ハム大谷、理想と現実の間 163キロ&5回零封も「ピッチングにはほど遠い」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)