キスマイ千賀健永、青森から上京した女性に共感「僕もあまり自己肯定感が高いタイプではないので」

【モデルプレス=2022/12/06】Kis-My-Ft2の千賀健永が、11日放送のテレビ東京系「家、ついて行ってイイですか?」3時間SP(よる6時30分~)に出演。青森から上京した女性に共感する。

【写真】千賀健永、“ヒアルロン酸注射”バラした中居正広からの連絡明かす

◆千賀健永&須田亜香里ら「家、ついて行ってイイですか?」ゲスト出演

陣内智則、須田亜香里、島崎和歌子、千賀、そして北大路欣也の豪華5人のゲストを迎えて送る今回の放送では「『俺は死んでる』海好き男が語る…忘れられない過去」「何をやってもダメだった群馬の青年…ママチャリで人生激変!」「『ん~もう!使いたいのに…』アラサー美女の封じられた武器」といったエピソードをお届け。

これらのエピソードのほか「最愛の家族と別れ、1人ぼっちだけど…小さな幸せ見つけた66歳」では、2000本以上の邦画を観て、独自の批評を書き溜めている男性に密着。その忖度無しの“激辛”批評に、北大路も思わずタジタジ?

さらに、「大学生で子供を産み、家族から勘当…77歳女性の壮絶人生」では、密着した77歳女性の涙ながらの告白に、スタジオが長い静寂に包まれ、須田が涙する場面も。

そして、VTRを見た千賀は「青森から上京して東京で働いている子が本当に可愛いなって思いました。僕もあまり自己肯定感が高いタイプではないのですごく気持ちがわかるし、そんな中でしっかりと乗り越えて東京で(料理の)仕事をされていて。食べに行きたいと思いました」とコメント。笑いあり涙あり、波乱万丈の人生ドラマ11連発を届ける。(modelpress編集部)

◆北大路欣也コメント

物凄いインパクトがありました。その方に与えられた人生をしっかりと受け止めて、辛いこともあるだろうけれど、前向きにその日その日を築き上げていらっしゃる。そのエネルギーに生きる力を感じて、それぞれの方々に頭が下がる思いでした。

◆陣内智則コメント

収録なのでグッと我慢しましたけど、最後の映像は家じゃ泣いちゃいますね。人それぞれの人生があって物語があって、ドラマがあるんだなと思いました。あと、映画が好きで邦画を2000本近く見てるという男性の(批評が)的確で、ジャッジがすごくて面白かったです。

◆須田亜香里コメント

この番組は、歳を重ねるごとに見方が変わるなと感じていて、今回も1人1人の日常から哀愁だったり、愛おしさがいっぱい伝わってきました。雑誌をお部屋にいっぱい積まれているお宅で暮らしている方、全てをさらけ出せるのが素敵だなと思いました。

◆島崎和歌子コメント

青森から出てきた20代前半の女の子が時を経てすごく立派になられて、その成長過程を見られたのがすごく印象的でした。腐らずに真っ直ぐに自分の夢を追い続けている姿を見られて、心が洗われました。

◆千賀健永コメント

青森から上京して東京で働いている子が本当に可愛いなって思いました。僕もあまり自己肯定感が高いタイプではないのですごく気持ちがわかるし、そんな中でしっかりと乗り越えて東京で(料理の)仕事をされていて。食べに行きたいと思いました。

◆番組内容

【21歳女性調理師の卵が打ち明ける秘密…逆境乗り越え、大都会で叶えたい夢】

・青森出身!深夜の恵比寿駅で出会った、料理人見習いの21歳女性!

・耳のハンデに、職場での涙…逆境乗り越え、大都会で叶えたい夢

・あれから4年!現在の職場へお邪魔してみると…

【雪崩が起きちゃうビックリハウスのワケは…夜な夜な繰り出す街での珍行動】

・昼間は高校の講師、夜は塾講師!深夜の川崎駅で出会った、街のゴミを拾う54歳男性!

・玄関開けると…目の前に山積みの雑誌!前代未聞の“雪崩ハウス”

・あれから2年8ヶ月…推定8000冊の雑誌で溢れかえった部屋、どうなった!?

【「俺は死んでる」海好き男が語る…忘れられない過去】

・メジャーグループ○○のDJだった!?深夜の湘南台駅で出会った、41歳男性のご自宅へ!

・「パパは死んだことになっている」…離婚後、音信不通となった娘

・自営で昼は植木屋さん、夜はホルモン屋さん!休みなしで1日16時間働くワケ

【最愛の家族と別れ、1人ぼっちだけど…小さな幸せ見つけた66歳】

・十条銀座商店街で出会った、ダメージジーンズを着こなす66歳男性!

・実は…鑑賞映画2000本以上の邦画マニア!

・最愛の家族と別れ1人で映画を見る日々…

・絶対見たくなる!忖度ゼロの激辛映画批評が炸裂!

【娘号泣の訳…佐藤二朗似の父、衝撃告白】

・深夜の西船橋駅で出会った、結婚式挙げたての53歳女性のご自宅へ!

・旦那さんは佐藤二朗似!?再婚同士のご夫婦…出会いはまさかの○○○!キセキの恋物語

・結婚式を後押しした、知られざる23歳娘の本音

【何をやってもダメだった群馬の青年…ママチャリで人生激変!】

・桐生天満宮・古民具骨董市で出会った、昭和40年代の自転車を自慢する26歳男性!

・うだつの上がらない中学時代…16歳からヒルクライムに出場

・愛車の“ママチャリ”でロードレースに出場するワケ

【30歳で訪れた人生のどん底に…現れた救世主】

・深夜の西荻窪駅で出会った、結婚25周年のお祝いをしていたご夫婦!

・年の差19歳!74歳夫&55歳妻…元々、夫とは○○の関係

・彼氏いない歴30年の30歳誕生日に突然30本のバラの花束…思わぬ展開に!

【「ん~もう!使いたいのに…」アラサー美女の封じられた武器】

・深夜の乃木坂で出会った、ケータリング業を営む32歳女性!

・彼氏と仲は良いけどセックスレス…ふとした時に孤独を感じる…アラサー女子が抱える悩み

・彼氏には通用しない“私の武器”を取材中に披露!

【深夜に家族の深刻な事実告白…千葉に家を建てたワケ】

・深夜の千葉駅で出会った、陽気に酔っ払う33歳男性!

・土地は100坪!家族5人で暮らすオシャレな中庭付き注文住宅

・3人の息子を生み思った「普通に生まれてくるのは奇跡」…縁の無い街に家を建てたワケ

【大学生で子供を産み、家族から勘当…77歳女性の壮絶人生】

・深夜の蒲田駅で出会った、勝どきで41年間暮らす、77歳女性!

・20歳で娘を授かったが…家族から勘当され鹿児島から上京

・女手一つで育てた愛娘が昨年…あまりにも壮絶すぎる人生

・長女とともに描いた、諦めたくない夢とは

(他)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

【関連記事】キスマイ千賀健永、約8キロ減量したダイエット法&食事内容明かす【関連記事】玉森裕太&千賀健永、母親同士で食事へ【写真】千賀健永、菊地亜美の結婚式で号泣していた
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)