物議を醸した日本のゴールにFIFAが声明…正当性を強調「ゴールラインカメラでチェックした」

 FIFA(国際サッカー連盟)が2日、12月1日に行われた『FIFAワールドカップカタール2022』グループE第3節の日本代表vsスペイン代表のゴール判定について声明を発表した。

 物議を醸していたのが、日本の決勝ゴールとなった51分の得点。ゴールライン際からMF三笘薫が折り返したボールがゴールラインを割っていたとして、一度はノーゴールとなったが、VARによる判定の末にゴールが認められ、日本が勝ち越しに成功した。これによって、スペインのグループ2位通過とドイツの敗退が決まったが、FIFAが確固たる映像を出していないと指摘する声もあがっていた。

 一部の映像では、ボールがゴールラインを割っているようにも見えるため、各方面で注目を集めていたが、FIFAは2日に公式ツイッターを更新。「スペインに2-1で勝利した日本の2点目は、ボールがアウト・オブ・プレーになったかどうかをVARで確認した。ビデオマッチオフィシャルがゴールラインカメラの画像で、ボールが部分的にライン上に残っているかどうかをチェックしている」とのメッセージと共に、ゴールラインカメラによる映像を投稿した。

 さらに、「他のカメラでは誤解を招くような画像が得られるかもしれないが、利用可能な証拠ではボール全体が出ていなかった」と続け、角度によってボールが出ているように見えることを指摘した映像も併せて投稿している。

 
【映像】FIFAが投稿したオン・ラインを証明する映像


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)