現役引退の中村俊輔、来季より横浜FCのコーチに就任「指導者の道を…」

 横浜FCは25日、2023シーズンより中村俊輔氏がトップチームコーチに就任することを発表した。

 中村氏は1978年6月24日生まれの現在44歳。1997年に桐光学園高校から横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入した。その後、レッジーナ(イタリア)、セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)とヨーロッパでのプレーを経て、2010年に横浜FMに復帰。2017年にジュビロ磐田へ移籍し、2019年7月から横浜FCでプレーし、今シーズン限りで現役を引退していた。

 来季からトップチームコーチに就任することが決定した中村氏は横浜FCのクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「2023シーズンより横浜FCトップチームコーチに就任し、指導者の道を歩ませていただきます。来季も横浜FCの一員として戦えることを大変嬉しく思います。指導者の方々から頂いた言葉や教えは、私のサッカー人生の中で、大きな糧となりました。私もそのような働きができるよう努めてまいります。今一度、サッカーとゼロから向き合い、様々なことに挑戦し失敗と成功を繰り返し、成長できればと考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。 中村俊輔」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)