AKB48柏木由紀、大島優子の“代役”務めた研究生時代を回想「そこから…

11月23日、AKB48・柏木由紀が自身のYouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』に公開した動画で、デビュー前に立った初ステージのエピソードを語った。
動画では今回、自身が選出されていない楽曲のダンスの振り付けを覚えていたことがきっかけで、急遽休むことになったメンバーの代理を務め、AKB48初の武道館公演に出演することできた、という過去を柏木が語る場面があった。
自身の当時について、柏木は「意外と積極性ある系だったから、昔。今でいう、スーパー研究生とかいるじゃないですか?なんでもいっぱいできる」「実は私も」と回想。
また、1番最初にステージに立った際も「大島優子ちゃんの代役で、全国ツアー出て、(劇場)デビュー前に」と、大島の代理だったと振り返ると、「そこからアンダー制度が始まりましたからね。私から」とも明かしていた。
動画では他にも、柏木がカラオケでも歌うことがあるという、お気に入りのAKB48の楽曲を紹介する場面なども公開されている。


externallink関連リンク

柏木由紀、難病公表後の生活と現在の心境明かす「お医者さんとの話し合いで…」「病院行くハメに…」柏木由紀、ウォシュレットの使いすぎで体に起こった症状をぶっちゃけAKB48柏木由紀、すっぴんが“別人級”ゆえに起こった出来事とは?「名前見ても本人だと…」柏木由紀、“AKB48を卒業する”と後輩に思わせてしまったこと「張り切りすぎてるのかな?」柏木由紀、“結婚にこだわらない”理由を明かす「今幸せなんだと思うってことに気づいた」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)