宮里藍が語る、渋野日向子の単独首位発進「これまで積み重ねた時間があるからこそのスタート」

<AIG女子オープン 初日◇4日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

今季最後の海外メジャー「AIG女子オープン」(全英)には宮里藍の姿が見られた。同大会をスポンサードするサントリーに所属しており、「宮里藍 サントリーレディス」へのフィードバックなどの視察を目的に渡英。「全員のプレーは見られていないですが、でもこれだけ多くの日本人選手がこの大舞台で戦っている事が嬉しい」と初日から日本勢のプレーを見守った。

そのなかには同じサントリー所属で、「65」を叩き出して単独首位発進を決めた2019年大会の覇者・渋野日向子も。「これより以前の試合を見てないので、流れは分かっていませんが」と前置きしたうえで、「ティショットが凄く安定していたように感じました。ライン出し、飛距離も素晴らしかったです。パッティングも迷いなくストローク出来ていた印象です」と感想を語る。

続けて「今シーズン、これまで積み重ねた時間があるからこそ、のスタートに感じました」とも。暖かいメッセージでエールを送った。


externallink関連リンク

■【LIVE】AIG女子オープン スコア速報 ■【LIVE】シブコの全ショット詳細は一打速報でチェック! ■アドレスに変化あり 渋野日向子の圧巻ゴルフの裏にキャディのひと言 ■海外メディアも『待ってました!』 渋野日向子の首位発進に「シンデレラの再来」 ■渋野日向子が全英で履く“ジッパー付きシューズ”の正体は、人気シリーズの3代目だった!
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)