ジェイ・ハースが『情熱』のエージシュートで首位T発進! 塚田好宣84位、田村尚之121位

<全米シニアオープン 初日◇23日◇ソーコンバレーカントリークラブ(ペンシルベニア州)◇7028ヤード・パー71>

松山英樹が最終日の大まくりで4位に入った「全米オープン」から4日が経ち、今週は「全米シニアオープン」が行われている。その初日に4アンダーでトップに立ったのはジェイ・ハース(米国)とマーク・ヘンスビー(オーストラリア)の2人。68歳のハースは「67」をマークしてエージシュートを達成。全米シニアオープン史上5人目の快挙となった。

エージシュートとは、18ホールを自分の年齢以下のストロークで回ること。シニアの試合ではしばしば話題になる。「序盤はアップダウンが激しかった」というハースの言葉通り、1番パー5を幸先良くバーティとするも、直後の2番でラフに落としてボギー。3、4番で連続バーティとしたが、5番では再びラフに入れてボギーと、最初の5ホールはパーがない出入りの激しいゴルフだった。「でも、8番あたりからいいプレーができたしチャンスもあった」と、その後はボギーを打つことなく10、12、16番と3つのバーディを奪って、トップタイで初日を終えた。

「きょうはパットも良かったし、2メートル以内のナイススパットを何度も決めて、落ち着いてきた。その後、ショットも良くなったね」とハースは振り返る。

史上5人目となったエージシュートの要因について聞かれると、「ゲームに対する情熱だ」とハース。「まだやれるという内なる競争心があって、その欲望や欲求があるから今でもやっているんだと思う。頭の中ではプレーすることが本当に楽しいと思っているんだ。練習は楽しくないけどね」と語る。68歳になっても情熱があればいいプレーができることを、まさに証明したラウンドとなった。ハースはこれまで、米国男子ツアー通算9勝、米国シニアツアー通算18勝を挙げている。

3アンダー・3位タイグループには、08年の「全米オープン」でタイガー・ウッズと18ホールのプレーオフの末に敗れた59歳のロッコ・メディエイト、55歳のスティーブ・ストリッカー、55歳のティム・ペテロビック(いずれも米国)、56歳のポール・ブロードハースト(イングランド)が続く。

そのほかの主な選手では、53歳のレティーフ・グーセン(南アフリカ)と52歳のジム・フューリク(米国)がイーブンパー・12位タイ、52歳のアーニー・エルス(南アフリカ)が1オーバー・22位タイ、64歳のベルンハルト・ランガー(ドイツ)が3オーバー・45位タイ、59歳のビジェイ・シン(フィジー)が4オーバー・64位タイ、58歳のデービス・ラブIII(米国)が5オーバー・84位タイ、50歳のデビッド・デュバル(米国)が7オーバー・101位タイ、52歳のマイク・ウィアー(カナダ)が9オーバー・121位タイとなっている。

日本からはハワイの予選会を突破した52歳の塚田好宣と、昨季の国内シニアツアー4位の資格で出場権をつかんだ58歳の田村尚之が参戦。難コースを前に塚田は5オーバー・84位タイ、田村は9オーバー・121位タイと出遅れた。あすの2日目は予選カットラインとの戦いになりそうだ。


externallink関連リンク

■ジェイ・ハースのプロフィール&成績 ■田村尚之が全米シニアOP出場へ あの“ホリエモン”がキャディ兼コック!? ■「世界の一流と競い合いたい」 塚田好宣が全米シニアOP出場権を獲得 ■米女子もメジャー KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日の成績 ■渋野日向子18ホール全ショット詳細【一打速報】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)