「かわいそうに」実母の一言で、産後のメンタルはさらにボロボロに【長女+双子育児が過酷すぎた話 Vol.3】

■前回のあらすじ
入院の延長はせず、里帰りもせずに始まった双子育児。義実家の助けもありなんとかこなしていました。そんな中、実母が泊まりで手伝いに来ました。

仲がいいとは言えない親子

自分を抑えられなくなりそう…

「かわいそう」

きっと言ってる方は何の気もないでしょう。

これは長女の時にも何度も言われた覚えがある言葉だったので、聞き流せるくらいまで自分も成長していたはずでした。

でも、産後メンタルでは冷静な判断ができませんでした。

一番認めてもらいたかった存在である母のこの一言でちょっとづつおかしくなっていきます。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


externallink関連リンク

▶︎次回 Vol.4 長女&双子育児で時間なんてないのに…「家にいるのにご飯作れないの?」非協力的な夫の言葉 ◀︎前回 Vol.2 双子+4歳児の育児スタート…不安だらけでも里帰りしない理由は?【全話読む】 長女+双子育児が過酷すぎた話1時間毎の夜泣きでゲッソリ…とうとう最後の切り札を出す!!【えなりの断乳奮闘レポ】泣いている娘を放置…旦那の育児力を上げるための作戦開始!【パパの育児力アップを目指して】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)