NCT 127ユウタ&BE:FIRST・RYOKIの仲は“遠距離恋愛” 第一印象&楽屋裏話も「衝撃だった」

【モデルプレス=2022/06/24】ボーイズグループ・NCT 127(読み:エヌシーティー イチニナナ)の日本人メンバー・ユウタのラジオ「NCT 127 ユウタのYUTA at Home」(JFN系列全国15局ネット/毎週木曜よる9時~)に7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTのRYOKI(三山凌輝)がゲスト出演。お互いの第一印象や楽屋での裏話を明かした。

【写真】INI佐野雄大&高塚大夢、BE:FIRST・RYOKI&JUNONとの会話明かす

◆ユウタ&RYOKIの仲は「遠距離恋愛」

映画「HiGH&LOW THE WORST X」(読み:「X」=クロス/9月9日公開)で共演し、意気投合した2人。会うのは久しぶりであるものの「ほぼほぼ連絡してた」「遠距離恋愛」と仲の深さを表現した。

RYOKIは、収録前日「ドキドキするんだけど」とユウタにLINEを送ったそう。すると「緊張しなくていいからね」とラジオに対しての不安を和らげるメッセージがユウタから送られてきたことを告白しつつ「(ラジオじゃなくて)会うことに対してのドキドキだった」と本音。この発言に「可愛いかよ」と悶絶した様子でツッコむユウタだった。

◆ユウタ&RYOKI、お互いの第一印象は?

放送では、リスナーからお互いの第一印象を尋ねられた場面も。2人は初対面となった同作のラストシーンのリハーサルを回顧した。

以前からNCT 127のファンであると公言していたRYOKIは「髪明るいと思ってた」とユウタのビジュアルイメージが染み付いていたそうで、「俺も明るかったから『ハイトーンで髪痛みますよね』とかそういうところから話膨らませようと考えてた」と事前に話題を考えながら会うのを心待ちに。

「そしたら(髪が)真っ黒で(笑)。知らなかったから衝撃だった」と話しながらも「誰よりも早く見れたっていう眼福感があった」とファンならではの視点で印象を語った。

◆ユウタ&RYOKI、楽屋での裏話明かす

一方、ユウタは撮影現場について「ビジュアル的に怖い人が多く、実は圧に圧倒されていた」と当時の心境を告白。

そんな中「唯一RYOKIが初めに喋りかけてくれて喋りやすかった」「なおかつNCT 127のこともすごく知っててくれて『ファンです』って言ってくれて、すごい可愛いなって」とRYOKIの親しみやすさに心を奪われたそう。

また、RYOKIはユウタについて「繊細で無口な人なのかなと思ってたけど、会ったら、俺も喋るタイプだけどそれに負けないくらい兄ちゃん的、“優兄”っていうか」「どっちもツッコミでどっちもボケるから収集つかない」と笑いながら話しつつ「そこが衝撃だった。親しみやすい兄ちゃんみたいな感じ」と言及。

そんなRYOKIに対し、ユウタも「自分の弟みたいに感じてて…」とし「でも楽屋でパフォーマンスの話とかして。カメラの角度とか『アーティスト的にこう見せた方がいいんじゃない?』とか色々話してて…。元気なんだけど俯瞰的な部分も両面あるって感じ」と明かし、抜群の相性を見せた。(modelpress編集部)

情報:interfm

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

【写真】NCT 127ユウタ、襟足バッサリで短髪に【写真】NCT 127ユウタ、黒髪に大胆イメチェン【写真】NCTユウタ、日本に帰国 SNS投稿に注目集まる
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)