チョン・インジがロケットスタート 畑岡奈紗、古江彩佳が6位タイ、渋野日向子、笹生優花が15位タイ

<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇23日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

今季海外女子メジャー第3戦「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」は初日の競技が終了。チョン・インジ(韓国)が9バーディ・1ボギーの「64」と圧巻のプレーを見せて2位以下に5打差をつけてロケットスタートを決めた。

5打差の2位タイにポーナノン・パットラム(タイ)とチェ・ヘジン(韓国)。6打差の4位タイにジェニファー・チャン(米国)とパウラ・レト(南アフリカ)が続いている。

日本勢は畑岡奈紗、古江彩佳が1アンダー・6位タイと好発進。次いで渋野日向子と笹生優花がイーブンパーの15位タイ、西郷真央は2オーバー・50位タイとなっている。


externallink関連リンク

■KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日の結果 ■渋野日向子18ホール全ショット詳細【一打速報】 ■全米女子プロは賞金が倍増 優勝賞金は1億8450万円、総額は12億3000万円 ■マネージャー目線で撮影! 渋野日向子のスイング【動画】 ■全米女子プロに出場する日本勢の大会意気込み!【動画】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)