「オールロングシート」の日暮里・舎人ライナー新型、運行開始へ 今後2年で計60両導入

クロスシート率が減っていきます。

車内液晶モニター設置も

 日暮里・舎人ライナーの新型車両の1編成目が、2022年6月25日(土)に運行開始します。 新型車両は330形(3次車)。全座席がロングシート化され、またセキュリティ強化を図るため、全車両に防犯カメラが設置されます。本2022年度から2024年度にかけて12編成(60両)が導入され、これにより全編成の8割がオールロングシートとなります。定員は、現行の一部クロスシート車両に比べ、1両あたり17人増加。東京都交通局は、輸送力を増強するとしています。 ほかにも全車両にフリースペースを設け、その合計は現行の2か所から6か所に。また1両に2か所、車内液晶モニターが設置されます。


externallink関連リンク

【写真】新型330形(3次車)の車内 「日暮里・舎人ライナーを埼玉へ」は現実的か 県知事熱望 検討3ルートで解決できぬ課題 常磐線「遠回り」の謎 上野~南千住で大迂回状態なぜ? 日暮里寄り道の鍵は田端と石炭
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)