ウクライナを「EU候補国」認定=加盟実現へ一歩―首脳会議

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は23日、ブリュッセルで開いた首脳会議で、EU加盟を申請したウクライナとモルドバを「加盟候補国」として認定した。全27加盟国が同意し、認定に必要な全会一致で決まった。両国は加盟実現に向けた長い手続きの「第一歩」を踏み出したことになる。
 ミシェルEU大統領は記者会見で「これは地政学的な領域で団結と決意を示すメッセージだ」と強調した。ウクライナのゼレンスキー大統領はツイッターで「EUとの関係における特別で歴史的な瞬間だ」と歓迎。各国首脳らの支持に謝意を表した。 
〔写真説明〕23日、ブリュッセルで開かれた会合に先立ち姿を見せたミシェル欧州連合(EU)大統領(AFP時事)
〔写真説明〕ウクライナのゼレンスキー大統領=21日、キーウ(キエフ)(EPA時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)