ウクライナを「候補国」認定へ=EU加盟実現へ一歩―首脳会議

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は23日、ブリュッセルで首脳会議を開いた。EU加盟を申請したウクライナとモルドバを「加盟候補国」として認定するかが焦点。認定には全27加盟国の同意が必要となる。両国にとっては、加盟実現に向けた長い手続きの最初の一歩となる。
 ミシェルEU大統領は会議を前に記者団に対し「EUにとって決定的な時だ。地政学的な選択を行う」と強調した。
 ウクライナはロシアの侵攻を受けた直後の2月末にEU加盟を申請。ロシアの軍事的脅威にさらされるモルドバも3月初めに追随した。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)