「黒すぎるフリード」登場 一部改良&特別仕様車を設定 内装も黒々

オラオラ感もちょうどいい?

尻が温かいフリードに

 ホンダは2022年6月23日(木)、コンパクトミニバン「フリード」を一部改良し24日(金)に発売すると発表しました。併せて、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」も設定します。

 今回の一部改良では、運転席・助手席ヒートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備。また、シートには撥水撥油加工が施された「ファブテクト」新採用し、標準装備としました。 特別仕様車の「ブラックスタイル」は内外装ともに黒を基調としたもの。アルミホイールやドアハンドル、ドアミラーといったエクステリアのほか、シートやインパネ各部も黒を採用し、より引き締まった印象に仕上げたといいます。フロントグリルは「クロスター」のものが採用されています。 これとは別に、7月14日(木)にはカスタムモデル「モデューロX」も発売。これにはシートヒーターやファブテクトは設定されません。


externallink関連リンク

【画像ギャラリー】改良フリード&特別仕様車 「世界一黒い」BMWを実見! 脳が混乱するほどの「黒を超える黒」、公道は走れるの? ホンダ「モンキー」よりもミニ 公道走れる世界最小バイク、納車は宅配便
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)