米FRB議長、インフレ低下「しっかり取り組む」=利上げペース「会合ごと」

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は22日、上院銀行委員会での証言で「インフレ低下に向け、しっかり取り組む」と述べ、利上げを継続する意向を表明した。米国のインフレ率が歴史的な高水準を記録する中、金融引き締めを急ぎ、物価の安定回復を目指す。
 パウエル氏は「インフレ低下の納得できる証拠を求めている」と強調。「利上げ継続は適切」と明言した。一方で利上げペースは「指標や経済見通し次第」と述べ、会合ごとに決定していく姿勢を鮮明にした。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)