“空白の2週間”は充実 メジャー連戦期間で強まった西郷真央の米国志向

<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前情報◇22日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

3週前に行われた「全米女子オープン」に続くメジャー大会に挑む西郷真央が、練習ラウンド中心のメニューで開幕前日の準備を進めた。「グリーンの質は日本と少し似ている。傾斜も大きいし、距離も風次第ではかなり長くなるホールがあるので、そこが要注意」と、コース攻略へのポイントを挙げる。

日本ツアーで今季10戦5勝と絶好調のまま臨んだ初メジャーは、決勝ラウンドまで進み44位タイという成績。今月5日にその最終日を終えると、すぐに移動し、中2週間をコングレッショナルCC近くに拠点を構え過ごした。

そのあいだは周辺コースの厚意もあって、そこで汗を流した。「練習中も芝から打ててすごくいい環境だった。ここに向けての準備もそうだけど、練習の質がよかった」。米国での滞在期間は満足いく状態で送れたことがうかがえる。現地は午後9時でもまだ明るく、普段よりも長くなった練習時間も「あっという間に時間が過ぎた」と振り返る。「芝からだと無駄な動きが出ることがすごく多い」と、そこで課題を見つけられたことも収穫となる。

こうして迎える自身にとってのメジャー2戦目は、過去に「全米オープン」などが行われた名門コースが舞台になる。「いい経験。今まで積み重ねてきたことを出し切るように。勉強できることがたくさんあるので、それを忘れずにプレーしたい」。そこでは海外トッププレーヤーにも目を光らせる。「話したりはできないけど、練習しているところを見て、どういうところを意識しているのかなども分かった。興味をもって見ていました」。あらゆる場面で吸収するものは多い。それにより「こういう環境があるのはすばらしいこと。この舞台で将来戦いたいと感じた」と“米国進出”への気持ちも強まる。

「日本よりも(アプローチが)ショートサイドの時にボギー、ダボに簡単になってしまう。手前から攻めたり、横からのほうがパーを取りやすかったりする」と、全米女子オープンでの教訓も生かしたコースチェックも行うことができた。開幕前日もイン9ホールを回り、最終調整。その後のショット練習中に、雷雲接近のため中断になったこともあり、初日のラウンドに備え切り上げた。

「積み重ねてきたことをしっかり出せるように、全力でがんばりたい」。“空白の2週間”でつかんだことを難コースで発揮し、それを未来へとつなげていきたい。(文・間宮輝憲)


externallink関連リンク

■全米女子プロ 初日組み合わせ ■国内で無双!西郷真央の今季成績 ■西郷真央のドレス姿って見たことありますか? ■渋野日向子がいつもチェックしてるスイング動画を現地で再現してみた ■渋野日向子が超名門会場に抱いた印象は?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)