傘の忘れ物、保管しきれない! 多すぎて保管期間を短縮、過ぎたら売却へ 相鉄

モノを大切に!!!!!!

相鉄が忘れ物センターの運営体制を変更

 相模鉄道と相鉄バスは2022年6月21日(金)、相鉄線 二俣川駅の「お忘れ物センター」における傘の忘れ物の取り扱いなどを変更すると発表しました。

 7月1日(金)の預かり分から、傘については保管期間を1か月から2週間へ短縮。持ち主が見つからず保管期間を過ぎた忘れ物は、リサイクルショップを展開するワットマンに売却し、国内外のあらゆる販売網を通じてリユースまたはリサイクルするとしています。 傘は忘れ物全体の約22.5%(13643本、2021年度)を占めるとのこと。1日あたりでは約37本だそうです。返還率が約24%にとどまり、保管場所の逼迫が深刻化しているとのこと。梅雨の時期には、例年多く発生するそうです。 なお、相鉄バスの忘れ物も、翌日に二俣川駅のお忘れ物センターへ集約されます。 相模鉄道と相鉄バスは、「SDGsの達成に向けたさまざまな取り組みを進め、さらなる地域活性化や持続可能な社会の実現を目指してまいります」としています。


externallink関連リンク

【動画】相鉄線に残っている廃線跡がすごすぎた! 【画像】傘に付けられる!そうにゃんの「めじるしチャーム」 相鉄「東京直通」布石になった幻の「横浜6号線」 その名残、いまも港北ニュータウンに
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)