「LB-ER34スーパーシルエット」や「86トレノ」も 日本車モデル5台が「ホットウィール」に

レーシングカー・スポーツカーファンにはたまらない!

6月下旬からの発売

 アメリカの玩具メーカー・マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナルは2022年6月21日(火)、レーシングカーやスポーツカーで人気を博した日本車5台のミニカー「ホットウィール カーカルチャー マウンテン・ドリフターズ」を発売すると発表しました。

「ホットウィール カーカルチャー マウンテン・ドリフターズ」は、「LB-ER34 スーパーシルエット 日産スカイライン」「トヨタ AE86 スプリンタートレノ」「’95 トヨタ セリカ GT-FOUR」「三菱 3000GT VR-4」「’03 ホンダ NSX-R TYPE-R」の5車種。「LB-ER34 スーパーシルエット 日産スカイライン」は、スカイラインGT系伝統の直6エンジンを搭載した最後の世代として知られるR34系をベースに、愛知県の「リバティーウォーク」が製作したカスタムカー。「トヨタ AE86 スプリンタートレノ」は漫画『頭文字D』で主人公が駆ったことで人気に拍車をかけたモデル。「’95 トヨタ セリカ GT-FOUR」は、セリカの最終世代となった7代目が全車FF車となったことで、最後の4WDセリカとして人気が高いモデルです。「三菱 3000GT VR-4」は、三菱のフラッグシップ・スポーツカー、スタリオンの後継として1990年に登場した4WDのスーパースポーツカー。日本での車名は「三菱GTO」です。「’03 ホンダ NSX-R TYPE-R」は、初代「ホンダ NSX」のIV型モデルで、さらに運動性能を際立たせたピュアスポーツモデル。各モデルとも実車の特徴を捉えて商品化しています。「ホットウィール カーカルチャー マウンテン・ドリフターズ」の価格は各750円(税別)で、2022年6月下旬より発売します。対象年齢は3歳以上です。


externallink関連リンク

【画像】カッコイイ! パッケージのデザイン ミニカー「ホットウィール」 アクションRPGの劇中車 ポルシェ911ターボ発売 世界一のブッ飛びミニカー「ホットウィール」はなぜ世界を制したか 改造車文化を手のひらに
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)