JR四国 「特急南風幕の内弁当」発売 木の弁当箱にお茶の容器付き 掛紙には歴代車両をデザイン

当日一般売りは平日5個限定、土休日10個限定です。

高知駅で発売

 JR四国は、2022年3月から開催している「『しおかぜ』『南風』運行開始50周年記念キャンペーン」の第4弾企画として、「特急南風幕の内弁当」を発売します。

「特急南風幕の内弁当」は、掛紙に歴代の特急「南風」で使用された車両やヘッドマークをデザイン。木の弁当箱で、お茶の容器もついた「レトロな雰囲気」にこだわったものです。 販売期間は2022年6月24日(金)から2022年12月25日(日)まで。発売箇所は高知駅改札内1・2番ホーム売店です(営業時間は午前8時から15時まで)。 価格は1個1080円(税込)。当日一般売りは平日5個限定、土休日10個限定となります。購入の2日前まで、製造元の有限会社安藤商店で事前予約を受け付けます。 この「特急南風幕の内弁当」を購入した人には、未使用の掛紙が記念としてプレゼントされます。


externallink関連リンク

【画像】「特急南風幕の内弁当」のイメージ 1両まるごとグリーン個室も! JR四国 新たな「伊予灘ものがたり」を発表 キハ185系を改造 指定席特急が450円! 「スマート四国チケットレス」6月発売 対象は15区間
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)