南海、和歌山港線で「自動運転」へ 7月から実証実験への事前準備

信号機メーカーと一緒に進めます。

南海でも自動運転へ

 南海電鉄と信号機メーカーの京三製作所は2022年6月16日(木)、和歌山港線で自動運転に関する実証実験へ向けた準備を7月から進めると発表しました。

 車両や線路の各種設備を両社で開発し、自動運転システムに係わる検討・評価を、関係省庁や有識者で構成する第三者委員会とともに行うとしています。ハード面の整備内容は次の通り。・自動運転を行うための自動列車運転装置と、自動運転を行う車両の乗務員のための操作表示部を車両に新設。・これまで運転士が確認・判断していた情報(信号機の現示や走行経路情報など)を、車両の自動列車運転装置に伝達するための設備を地上に一部新設。 自動運転のレベルは「係員付き自動運転(GoA2.5)」で、実証実験は2023年度の予定。なお、営業列車での実証試験は行わないということです。


externallink関連リンク

全線廃止から25年「都会の廃線」南海天王寺支線はいま わずかに残る痕跡をたどる 大阪環状線19駅「降りたことがない駅」「影の薄い駅」トップはどこか?結果は同じ駅に 関西「平成に消滅した駅」5選 大都市でも秘境駅、新線開通、隣が近すぎ
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)