飯田線が「アニメ聖地巡礼発祥の地」って? 30年続く作品との縁 名物「下山ダッシュ」

飯田線の無人駅近くに近年、「アニメ聖地巡礼発祥の地」記念碑が建てられました。この地が舞台となったアニメ作品『究極超人あ~る』から30年、ファンと地域の交流はずっと続いています。

飯田線の駅前にR・田中一郎登場 なぜここはアニメの聖地に?

 長野県飯島町にあるJR飯田線の田切駅は、ホーム1面だけの無人駅。1~2時間に1本の電車が走り去ると、あたりは静けさに包まれます。駅の階段を降りて線路下をくぐると左手に、「アニメ聖地巡礼 発祥の地」と記された記念碑がそびえ立っています。

 そのアニメが何の作品を指すかは明記されていませんが、碑の裏側に記された奇妙な文体の碑文から、漫画家・ゆうきまさみさん原作の『究極超人あ~る』であることに気付く人も多いでしょう。この作品を読んだことがあれば、碑の表面に刻まれた自転車・学生服・下駄のイラストでわかるかもしれません。『究極超人あ~る』は1985(昭和60)年から「週刊少年サンデー」などに連載され、終了後の1991(平成3)年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が制作されました。学生服・下駄がトレードマークの主人公「R・田中一郎」が所属する光画部(写真部のこと)の一行が駅のスタンプを集めながら長野県伊那市まで撮影旅行をする内容の作品で、飯田線沿線の様子が至る所に描かれています。ミュージシャン・山本正之さんが歌唱する劇中歌「飯田線のバラード」が印象に残っている人もいるのではないでしょうか。 作中では、光画部の一行が間違って田切駅で下車してしまい、「最終日夕方6時までに目的地へ到着」という条件を果たすため、R・田中一郎の自転車「轟天号」に部員全員が乗り込んで伊那市を目指すという場面があります。なぜか最短距離の国道ではなく峠道を進み、要所要所で部員を振り落としながらタイムリミット1秒前に目的地(西園寺ツーリスト)に到着するというスリリングな展開。自転車10人乗りというあらゆる面で疑問が残る行為は、R・田中一郎のアンドロイドとしてのパワーと「あくまでもギャグ漫画」というスタンスがあってこそのものでしょう。 作品を見たファンは、作中に登場した場所を“聖地巡礼“として訪れ、伊那路の旅を楽しむようになりました。それだけでなく、同作品は地域を動かしてきたのです。

「アニメ聖地巡礼の元祖」と言われるワケ

 いまでこそ、『ガールズ&パンツァー』の舞台となった茨城県大洗町や、『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台となった静岡県沼津市など、「アニメツーリズム」とも呼ばれる旅行のあり方は珍しくありませんが、『究極超人あ~る』は、その先駆けとも言えるものでした。 いつしか作中で自転車がたどったルートを再現する自転車レースが伊那市役所の有志を巻き込んで開催されるようになり、地域と作品ファンの交流も深まるように。そして田切駅前にある聖徳寺が土地を提供、作品のファンが共同出資して2018年に「アニメ聖地巡礼 発祥の地」の碑が完成したのです。

「あ~る」といえば「下山ダッシュ」本当に実現可能?

 さらに『究極超人あ~る』の中で行われる「下山ダッシュ」は、鉄道ファンにも知られるようになりました。 飯田線は飯田市内の下山村~伊那上郷間で、飯田駅方面へΩを描くように迂回する線形となっています。両駅間の距離は6kmほどで、電車は4つの途中駅に停車し、最短13分で到達しますが、直線距離としては2kmもありません。道路をダッシュして、いったん下車した電車にまた乗車する“遊び”が「下山ダッシュ」です。 もともとこれに近い行為は、伊那上郷駅が最寄りである飯田高校の生徒の間で行われていたそうです。電車は飯田駅で長めに停車することも多く、下山村駅から学校へダッシュすれば、1本遅い電車に乗っても遅刻せずに登校できる、という場合もあったのだとか。「電車に走り勝った」という満足感もあって広まったと考えられます。  しかし実際に移動してみると、ルート上には狭隘な生活道路や車通りが激しい幹線道路も多く、長めの信号待ちや、それによる時間ロスを織り込む必要もあります。また途中に流れる松川から、山の中腹にある伊那上郷駅までずっと上り坂が続きます。「下山ダッシュ」をクリアするには相当の脚力、持久力、そして交通法規を遵守する判断力も必要かもしれません。なお逆方向の伊那上郷駅→下山村駅ならば、ほぼ下り坂です。 わざわざ走らずとも、ゆっくり歩いて1本後の電車に乗り継ぐ「下山ウォーク」はいかがでしょうか。前述の通り電車は日中1時間に1~2本程度、松川・野底川沿いの桜並木を眺めながら30~40分かけてゆっくり歩けば、伊那上郷駅で次の電車に余裕を持って乗車できます。飯田高校生御用達の「高松パン」で「カステラサンド(パンにカステラを挟んでいる。なぜかカロリー表示がない)」を買い食いするなど、アニメの再現とはいきませんが、飯田の街を楽しむのも良いでしょう。


externallink関連リンク

【懐かしの国鉄写真】昭和39~53年 飯田線の車両はこう変わった 飯田線の「秘境駅」を訪ねて 「不安」と「拍子抜け」の狭間を旅する 日本一狭い? 2人で満員、入口極小の駅そば店、なぜ誕生?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)