ショット好調も…風に翻弄 星野陸也「いけそうでいけなかった」

<全米プロゴルフ選手権 初日◇19日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>

星野陸也はバーディを先行させ、3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーのイーブンで前半を折り返したが、後半は難コースといわれるサザン・ヒルズCCが大きく立ちはだかった。10番パー4をボギーとすると、その後もさらに2つ落として、最終18番もボギー。4オーバーでのスタートとなった。

「ショットも調子がいい感じですが…」と手ごたえを感じて振り抜き続けたが、フェアウェイキープ率は50%、パーオン率も33%と低迷。ダブルボギーを叩いた4番パー4ではティショットは「完璧」だったが、ピンまで120ヤードのセカンドショットはグリーン左手前のバンカーへ一直線だった。「こんなに風が強かったかなと。コースマネジメントが全くダメでしたね」と風に悩まされ、対応しきれずに一日が終わってしまった。

風はヨコのズレだけでなく、タテ距離も狂わせた。「試合勘なのかは分からないんですが、飛距離が結構飛んでるなって感じでした。風は吹くところもあれば、吹かないところもあるし」。最終18番ではティショットが思ったより飛んだことで「アゲンストは少ない」と判断して放った2打目はピン手前の“入ってはいけないバンカー”へショート。ピン方向に打てず、横に出すしか選択肢がない状況だった。

国内ツアーでは今季5戦を終えてすべてトップ10フィニッシュ。自身はそのショットの好調さを米国でも感じて「アンダーいけそうかな」と思っていたが、風に翻弄された。「ちょっと悔しいですね。いけそうでいけなかった。結構ストレスが溜まるゴルフになってしまった」と、ショットの好調さがスコアに結び付いていないことに戸惑い、納得しきれていない様子もみせる。

それでもショットへの手ごたえがあるぶん、やるべきことは明確だ。「風の練習をしたほうがいいですね(笑)。一緒に回ったマット・クーチャーがめちゃくちゃうまかった。大丈夫な場所に置いて安全に攻めたり、チャンスがきたら決めたりしていた。自分もそういうプレーができるように頑張りたい」。ツアー9勝、16年のリオ五輪で銅メダルを獲得しているクーチャーは初日3アンダーで好位置につけている。20年の東京五輪に出場したオリンピアン、星野もしっかりついていき、その差を縮めていきたい。


externallink関連リンク

■全米プロ 初日の成績 ■松山は? 初日の全ショットを振り返る ■復帰2戦目のタイガー・ウッズは4オーバーと出遅れも 脚の状態は「以前より良くなっている」 ■渋野が日本ツアー参戦! ブリヂストンレディス 初日の成績 ■ブリヂストンレディスオープン 2日目の組み合わせ&スタート時間
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)