今月3度目のチェルシー戦に向け…コンテ監督は「欲望、意志、回復力と働く意志」を求める

 22日、トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、チェルシー戦に向けた記者会見に臨んだ。

 カラバオ・カップ準決勝を含め、チェルシーと今月3度目の対戦に向けて、「我々の直近の結果は、常に信じなければならないことを示した」とレスター戦での劇的勝利について触れたのち、以下のように付け加えた。

「同時に、欲望、意志、回復力と働く意志を示す必要がある。信念だけでは不十分で、それらを一致させる必要がある。こうすれば、信念は試合毎に向上する」

「このリーグは後19試合あることを知る必要があり、全ての試合に備え、勇気を持ってプレーし、全試合で3ポイントを獲得しようとする大きな力でプレーする必要がある。このリーグのレベルは非常に高いことも知っている。しかし、同時に試合毎に改善しようともしている」

「我々は本当に強いチームと対戦していることを非常によく知らなければならない。チェルシーは昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)で優勝し、ここ2試合で我々を破っていることを忘れてはいけない。この2試合の後、もっと何かを学び、チェルシーと対戦する準備をしたい。彼らが重要なチームだと分かっているし、良いチームではあるが、良いプレーをして、最高の結果を出したい」

 また、21日にフランス代表GKウーゴ・ロリスが新契約を締結したことについても言及した。

「クラブにとっても、ウーゴにとっても、ファンにとっても、トッテナムの環境全体にとっても良いニュースだ。このクラブ、このチーム、そして選手たちにとって、我々はここのスタンダードになる選手について話している。彼は我々のキャプテンであり、2年契約で信頼を示し、これに値すると思う。ウーゴは世界一のGKだと思うし、チームに残留してくれるのは嬉しい」

 CL出場権争いという面でも目の離せないロンドン・ダービー。キックオフは23日16:30(日本時間24日1:30)の予定となっている。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)