生田絵梨花、乃木坂46時代に辛かったこと明かす 好みのタイプも告白

【モデルプレス=2022/01/15】14日放送のフジテレビ系バラエティー番組「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜日 よる11時〜)に、昨年末に乃木坂46を卒業した、生田絵梨花が出演。好みのタイプの男性や、乃木坂時代に辛かった思い出を明かした。

【写真】広瀬すず、生田絵梨花・平手友梨奈を絶賛

◆生田絵梨花、今後は「映像系をやっていきたい」

番組内で、「来日するドイツ人学者へのインタビュアー」という役回りで、メガネ姿で出演した、ドイツ生まれの生田。5歳までいたことからドイツ語は「しゃべることはないんですけど、だいたい把握はできます」と帰国子女らしい一言を口にしたが、「学者が現れない」というオチから、ドイツ語での通訳ではなく、オフトークとしてMCのくりぃむしちゅー・有田からプライベートについて質問をされることになった。

2021年12月31日に乃木坂46を卒業した生田だが、今後については「今まで結構ミュージカルが多かったんですけど、ドラマとか映画とか、映像系をやっていけたらなと思ってます」と展望を告白。しかし一方で、卒業し1人となったことについては「結構寂しいし不安ですね…10年やってきたんで」と不安もあることを口にした。

◆生田絵梨花、乃木坂46時代に辛かった思い出とは?

また、乃木坂46時代を振り返ると「楽しかったけど大変な思い出も結構ある」と生田。毎年行うバースデーライブの3回目を大変だったこととして振り返り、「冬の(気温)2度の野外で、73曲をリアルで」「ノースリーブとかの衣装で」パーフォーマンスしたことを回顧。「結構きましたね~その分達成感はあったんですけど…」と懐かしそうに明かした。

◆生田絵梨花、好みのタイプは「突っ込んでくれる人」

有田から好みのタイプを聞かれる場面も。「うーん…」と悩んだ様子の生田は、「私が結構抜けてたりするので、頼りがいがある人とか、突っ込んでくれる人がいいですね」としっかりした男性が好みのタイプだと告白。一方で外見や仕事については「今はそこまでは、そんなに」と特に好みがないことも明かしていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

【写真】白石麻衣が机になる…生田絵梨花の“ほおづえポーズ”に反響【写真】生田絵梨花「乃木坂46を続ける選択をして本当に良かった」【写真】乃木坂46、2021年卒業ラッシュに衝撃の声 生田絵梨花など計8人
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)