「SLもおか」のC12形蒸気機関車 赤ナンバープレートに DE10形にはヘッドマーク掲出

DE10形は製造50周年記念マークです。

DE10形は製造50周年記念

 真岡鐵道は2021年11月25日(木)、「SLもおか」のけん引機であるC12形蒸気機関車66号機が製造から88周年を迎えることを記念して、赤色のナンバープレートを掲出することを発表しました。掲出期間は11月27日(土)から2022年1月30日(日)まで。11月27日(土)と28日(日)は「C1266米寿記念号」として運行します。

 また、真岡鐵道と真岡線SL運行協議会は、「SLもおか」の回送などを担当するDE10形ディーゼル機関車1535号機が2021年6月で製造50年を迎えたことを記念して、「C1266米寿記念号」の運転にあわせて「DE101535製造50周年記念ヘッドマーク」を掲出します。 ヘッドマークは11月27日(土)、28日(日)とも6103列車(下館16時03分発~真岡16時31分着)のDE10形1535号機前面に掲出。6103列車は「SLもおか」で下館に到着した列車を車両基地のある真岡駅まで戻す列車で、最後方の3号車のみ乗車することができます。予約・整理券等は必要なく、通常の乗車券のみで乗車が可能です。


externallink関連リンク

SL牽引の客車なのに「キハ」って!? 国鉄50系客車 魔改造の果て 大阪の公園にある国鉄ディーゼル機関車「DF50」 3両だけ残ったブルートレインけん引機 「レッドトレイン」と呼ばれた国鉄50系客車 昭和後期生まれの一大勢力 いまも乗れる!
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)