就任後初黒星のコンテ監督「現時点でトッテナムのレベルは高くない」

 トッテナムを率いるアントニオ・コンテ監督は、チームのパフォーマンスに落胆しているようだ。25日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・グループステージ第5節が25日に行われ、トッテナムはムラ(スロヴェニア)と対戦。11分に先制を許すと、32分にはライアン・セセニョンが2枚目のイエローカードで退場となり、数的不利に。72分にハリー・ケインのゴールで一度は追いついたものの、後半アディショナルタイムに決勝点を奪われ、1-2で敗戦。この結果、決勝トーナメントにストレートインとなる首位通過の可能性は消滅している。

 今月2日にトッテナムに就任したコンテ監督にとっては就任後4試合目にして初黒星を喫した。試合後、同監督は「就任から3週間半が経ち、正直この状況を理解し始めていると言えるだろう。状況は単純ではない。現時点でトッテナムのレベルはそれほど高くないから単純ではない」と現在のチームには改善すべきところが多くあることを明かした。

「イングランドのトップなチームたちとは大きな差がある。このことについて恐れてはいけない。私は仕事をするために、状況を改善させるためにここに来た。現時点では忍耐が必要なことは分かっているし、解決すべき問題があることも私は知っている」

「3週間半が経ち、私はここにいられて嬉しく思っているが、それと同時に現在のチームの質を上げるためには多くの努力が必要であることも正直に言わなければならない。私たちはトッテナムで、現時点のトッテナムには重要なギャップがある」

「もし、新しい監督が来て、それが過去に勝利を手にしたことのあるコンテだと誰かが喜んでいるとしたら、私はマジシャンということになる。でも、私ができる唯一の魔法は働くことだけだ。仕事を持ち込み、私のフットボールのアイデアで改善していくというだけだ。しかし、時間が必要であることも理解しなければならない」

「正直、状況を改善していくためには多くの努力が必要だと言わなければならない。私たちには時間と忍耐が必要だ。将来はどうなるかはわからないが、私はトッテナムで働けることを嬉しく思っているからここにいる」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)