いざ初陣へ…ラニエリ監督、ワトフォードでの戦いに意気込み「素晴らしい終わり方をしたい」

 ワトフォードのクラウディオ・ラニエリ監督がリーグ戦について言及した。13日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 成績不振によって解任されたシスコ・ムニョス前監督に代わり、今月4日にワトフォードの指揮官に就任したラニエリ監督は、16日のプレミアリーグ第8節リヴァプール戦で初陣を迎える。今月20日に70歳の誕生日も迎える同監督は今回の取材に応じ、イングランドでの“復帰戦”へ向け意気込みを示した。

「私はとても幸せだ。サッカーのことを考えると、常に人生は良いものになる。サッカーは私の人生だ」

「世界最高のリーグの一つでチームを指揮するのはとても幸せなことだ。私は野心家であるため、今シーズン終了時にはワトフォードをプレミアリーグに残留させるべく、チームを向上させたい。我々はセーフティでなければならない。今回のプロジェクトはとても野心的で、ワトフォードとファンのために素晴らしい終わり方をしたいと思っている」

 2015-16シーズンには、レスターを率いてプレミアリーグ優勝を成し遂げたラニエリ監督。果たして、今シーズンはどのような采配を見せるのだろうか。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)