「おかえりモネ」亮(永瀬廉)たちを救うため父・新次(浅野忠信)が動く アドバイスに反響「カリスマ」「本当にかっこいい」

【モデルプレス=2021/10/14】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第109話が、14日に放送された。King & Princeの永瀬廉演じる及川亮の船を救うため、俳優の浅野忠信演じる父・新次が取った行動に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

【写真】菅波先生(坂口健太郎)、百音(清原果耶)を優しくハグ

同作は「海の町」気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、東京で“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

気仙沼市は風が強まり、海は大しけに。亮の船が低気圧によって海上で動けなくなっていると知った百音は、東京にいる気象予報士の野坂(森田望智)や内田(清水尋也)とも連携し、天候を分析。結局船はその場で6時間ほど待機するのが1番安全だという結果となった。

◆新次、亮の乗る船にアドバイス

亮の船のことを聞いた新次は、漁師が集う組合に向かう。妻を津波で亡くしたことをきっかけに漁師を辞めたため「すみません、ご無沙汰してしまって。本当に迷惑をかけて…」と先輩漁師たちに謝罪。

その後、「本当にすみません、一言だけ船にいいですか?」と伝えたいことがあると告白。船と繋いだ電話をとった新次は、「西からの風に舳先を向けてくれ。多分、あと6時間したら波は収まる。それまでパラアンカー打って耐えてくれ」と的確なアドバイスを送った。

漁師時代に培われた感覚から、気象予報士の百音たちと同じ分析結果を導き出し、さらに具体的なアドバイスを送った新次。

かつて“カリスマ漁師”と呼ばれていた実力を見せ、視聴者からは「本当にかっこいい」「泣ける」「さすがカリスマ」と反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

【写真】りょーちん(永瀬廉)、百音(清原果耶)に思い告げるも涙【写真】りょーちん(永瀬廉)&菅波先生(坂口健太郎)の“メッセージの違い”が話題【写真】りょーちん(永瀬廉)、みーちゃん(蒔田彩珠)との距離感に注目集まる
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)