秋田、DF饗庭瑞生の復帰を発表…2021シーズンはJFL・FC刈谷に育成型期限付き移籍

 ブラウブリッツ秋田は15日、FC刈谷へ育成型期限付き移籍していたDF饗庭瑞生の移籍期間終了および復帰が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブ公式サイトには、以下のように饗庭のコメントが掲載されている。

「自分自身が成長し、また秋田の勝利に貢献できるように、日々努力します! よろしくお願いします!」

 現在24歳の饗庭は、立正大学淞南高校、福岡大学を経て、2020年に秋田へと加入。2021年には、FC刈谷に2022年1月31日まで育成型期限付き移籍することが発表されていた。2021シーズンは、日本フットボールリーグ(JFL)で3試合に出場。天皇杯では1試合に出場している。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)