アジア競技大会カラーでライトアップ 愛知県名古屋市

 愛知県で2026年に開催されるアジア競技大会をアピールするため、名古屋市の繁華街・栄にある「中部電力ミライタワー」でライトアップが実施されている。大会のエンブレムに用いられている赤、紫、金、緑の4色がタワーを彩る。期間は19日まで。
 開催都市の愛知県と名古屋市が合同で企画した。エンブレムカラーの赤は太陽、紫は県の花「カキツバタ」、金は名古屋城の「しゃちほこ」、緑は環境への思いを表しているという。
 ライトアップ初日の11日には、イベント会社のミーティング(大阪市)が中部電力やトヨタ自動車と協力し、トヨタの燃料電池車(FCV)「ミライ」から供給する電力でミライタワーを照らす企画も実施。社会全体での環境意識の醸成を図った。【もぎたて便】

〔写真説明〕アジア競技大会カラーでライトアップされた「中部電力ミライタワー」=11日、名古屋市


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)